Untitled Document
 
HOME > 体験館 > ハメルビラージュ体験 > 兵營城の生活驗驗 > 食生活



ハメル一行は,國から支給される補助?を受けていた.
彼らが生活するための補助?は,全羅兵營に配流されてからは王の個人の收入から提供された.

定量の米は支給されたが,それ以外の物は自分たちでどうにかしなければならなかった.
なので,薪を刈るために山を6マイルも?き回ったり,物乞いをして?足な食べ物や必要な物を買わなければならなかった.

實際にハメルの記述にも,1957年11月に新しく赴任した兵使はハメル一行の苦しい事情にも關わらず,孝宗が彼らに支給を約束した50斤の米以外には何の指示も受けていないと言うので,必要な物は自分たちでどうにかしなければならなかった,と記述している.

 米や家は提供されたり,直接に購入したりもしたという記述があるが,食べる物を直接に生産するための活動に對しては記?がないことから,生活の 件や一行が置かれた?況などにより,積極的な生産活動 - 直接に穀物を育てる農業のような活動 - はすることができなかったと思われる.
しかし,兵營で住んだ家には小さな庭園があったという記述から,野菜のような副食は直接に育てたりしたはずである.

 ハメル一行は,司令官が えた賦役や雜用をしなければならなかったので,一定時間の外出を許可されて,農家や寺を訪問して勞 したり,おもしろい話を聞かせたり,物乞いをして若干の收入を得た.
ハメルの記?にも,彼らは和?に多くのコを得,また和?たちは外國の風物に深い關心を持ち,他の國の風習を話すと手厚くもてなしてくれたという.
朝鮮に慣れた彼らは,自分たちの冒險談を話して收入を得たのである.

 ハメル一行は,支給される米の量が少ない上に, えられる自由時間にも制限があったために生活が非常に困難であった.時には司令官に「米と ,そして水だけで空腹を押えなければならないのでとても辛い」と訴えたりもした.  實際に,遠い異國での生活は,食べ物が口に合わずに困難が多かったはずである.
 オランダの主食のほとんどは,穀物を加工した粉で作る食べ物である.反面,韓國では皮をむいた穀物を煮て食べる文化が發展している.
從って,食べ物の文化が全く違うために口に合わない物が多かったであろうし,それだけ慣れるのにも大 だったはずである.
しかし,兵營での生活は貧しかったために,食べ物をより選ぶよりは空腹を押えることが優先されたであろうし,兵營城に移る前に濟州島とソウルでの3年以上生活したことで,韓國の 統的な食べ物にも慣れていたはずである.

 全羅兵營城があった康津地域の人 が主食として最も多く食べたものは,乾葉の味 汁に 飯くらいであったと思われる.そして多樣な種類の 統キムチ.
白米に で苦しく1日1日を暮したハメル一行は,農家や仲がよかった和?たちを訪ねて,キムチや汁物などの韓國の 統的な食べ物を食べたりもしたはずである.

 人 の目を引く異國的な姿をした彼らは,時には宴會や兵使たちの余興に招待されて,少し高級な魚や肉, やちじみなどを味わったり,燒酎やC酒, どぶろくなどの韓國の酒を飮んだりもし,一部の女たちと親密な關係にあった者や,家庭を築いた者たちは,眞心のこもった食事をしたりもしたことと推測される.
勞 をして,または商賣を通じて稼いだお?で わった肉や魚などを買って調理して食べたり,調理されている食べ物を買って食べたりもしたはずである.
記?には,魚についての記述が多いが,この 時の兵營は各種物品の集産地であり,また海岸が近くにあるので魚の種類も多かったものと思われる.

 時 ,薪を刈りによく行った修仁(スイン)山で, でウサギやノロなどの狩りもしたであろう.

 チ−ズが發達した酪農國家であるオランダが故クであるハメル一行は,牛乳が飮みたくて時にはそっと野原にいる牛や山羊の乳を絞ってみたのではないだろうか? 彼らの國では,家畜の乳を絞って飮んだという話に,韓國の人 はまたどんなに?思議がったであろうか?
 生まれて初めてみる食べ物が出されたときの,耐え難い表情,慣れない箸使い,辛いキムチに驚いた彼らの表情を1度想像してみよう.

 ハメル一行がここを發つ3年前から,嚴しい凶年で飢え死にする人 が數百名もいて,泥棒も多かったという.凶年や貧困で空腹を押えるために昔から韓國の先祖たちが利用した食べ物は多い.
 時の韓國の先祖たちは,野山にあるヨモギ,どんぐり,葛,白菜の根などの食べ物で凶年を乘り越えたはずである.
ハメル一行も例外ではなく,麗水(ヨス)と順天(スンチョン),南原(ナモン)に分散配置される前には,自然の中に空腹を押えるための食べ物を探し回ったことであろう.


Untitled Document
Untitled Document