Untitled Document
 
HOME > 体験館 > ハメルトレール 体験 > ハメルトレ−ル > ハメルトレ−ル体驗

●Texel

 1650年11月6日に,ハメルが東インド會社の職員として商船に乘り出航した港である.
オランダのTexelを發ったハメルは, 時の連合東インド會社の最大據点であると共に東方貿易の前哨基地であったバタビアに1651年7月4日に到着した.
現在は,Noord-Hollandse Waddenelilandに位置している.

■ホ−ムペ−ジ : www.texel.nl
バタビア(Badavia)

 16世紀の末にジャバに進出したオランダ人は,地理的に位置が非常によいという点に注目してバタビアと命名して,東インド制度下でのオランダの植民勢力のための最大據点とした.

 1602年に設立された東インド會社は,オランダ政府から全てのアジアでの貿易と航海についての獨占權が えられ,アジアの樣 な國との條約締結や城の築造,軍隊の編成,文官の任命などの權限が えられたいわゆる政治的  濟的 軍事的な國家權力の代行機關であった.
 最も隆盛期であった17~18世紀には,1,500隻以上の船を動かして,バタビアを中心にアジアの30國以上に商館を設置した 代の世界最大の貿易會社であり船舶會社であった.

 13年以上を朝鮮で生活して麗水から?出したハメル一行は,長崎で更に1年以上抑留され,1667年10月22日にバタビアに歸港した.
その後,東インド會社の職員であったハメルは1人でバタビアに殘っていたが,1670年7月20日に朝鮮に殘っていた一行が歸國したので一獅ノオランダに った.

 バタビアは,現在のインドネシアの首都であるジャカルタのことである.
ジャカルタは,577?の面積に916万500名(1995年)の人口が住んでおり,1950年にオランダから獨立して現在に至っている.

■ホ−ムペ−ジ :

台 


 バタビアから台 に向かって出航したハメル一行は,1653年6月18日に出發して7月16日に到着した.
その目的は,3年の任期を終えた台 の現總督であるニコラス ペルバ−グの代りに新しく赴任する新任總督のコネリス ゲジャルを連れていくためであった.
 その後,台 の總督と評議會は,ハメル一行に日本に行くようにと命令し,ハメル一行は7月30日に日本に向かって出航した.

  時の台 はフォルモサと呼ばれていた.それは,1590年にポルトガル人が訪問して,「美しい島」という意味のフォルモサ(Fomosa)と命名したからである.
 オランダは1642年にエスパ−ニャを追い拂い,その支配權を確立した.
そして, 時の台 にもオランダの東インド會社の根據地があった.
現在の台 は,3万6179?の面積に2256万9000名(2003年)の人口が住んでいる.

■ホ−ムペ−ジ : www.gio.gov.tw


濟州島

 台 を發ち日本に向かったSperwer は,4日間の嵐の果てに濟州島を發見して,錨を下げて船の方向を えようとした瞬間に船が暗礁に乘り上げて難破した.1653年8月16日の早朝のことであった.
 大也水のほとり,?ち,今日の南濟州郡のシンド里海岸の一帶に漂着したハメル一行は, 64名中の28名が死亡し,36名が生き殘った.
  時の濟州牧使の李元鎭(イ ウォンジン)は,彼らをあわれに思って食糧を配給し,また長崎やソウルに送還するために努力した.
しかし,李元鎭牧使の任期が終わると,ハメル一行は外出と食糧が統制された.
その後,1656年3月にソウルに移送されるまで,1年9ヶ月間を濟州島で暮した.
●麗水/順天/南原
 
 康津(カンジン)の兵營城生活の7年目には,引き續く飢饉により彼らに支給する食糧が?足した.そのため1663年3月の初旬に,ハメル一行は南原(ナモン),順天(スンチョン),そして全羅左水營のある麗水(ヨス)に各 分散收容された.
 ハメル一行の生活は,指揮官の交代により喜悲こもごもであったが,國民の信任を得たイ ドビンのような水使は,ハメル一行も好意を抱いた.
 1665年には小さな船を買い,食糧を得たり?出するチャンスを探して島のあちこちを回って見ることができた.
ついに1666年9月4日に,2倍の値段で手にした船で,麗水で生活した一行を中心とする8名が?出に成功した.
●長崎


 麗水を?出したハメル一行は,1666年9月8日に日本の五島で捕まり,長崎に移送された.
 長崎の出島は, 時のヨ−ロッパとの貿易の窓口であった.
出島は,日本の江?時代の鎖國政策の一環として造成された15.395u規模の人工島で,外 の長さは564mに達する.
また,出島にはオランダ東インド會社の商館があったが,出島の商館長はオランダの日本支社の支店長に該 した.

 出島に移送されたハメル一行は,商館の職員たちの歡迎を受けて,オランダ服を受け取って着た.その後,ハメル一行は祖國への早い歸國を願っていたが,朝鮮に殘っている一行たちの處理問題などによる日本と朝鮮間の交?が續いたことにより更に1年以上抑留され,1667年10月22日にスプリウプ に乘ってバタビアに歸港した.

 日本の長崎縣の規模は,43.7?の面積に43万8600名(2000年)が住んでいる.


■ホ−ムペ−ジ : www.pref.nagasaki.jp

 







Untitled Document
Untitled Document