Untitled Document
 
HOME > 体験館 > ハメルトレール 体験 > ハメルトレ−ル >ハメルトレ−ルとは




 17世紀にバタビアから出航して日本に向かったハメル一行は,嵐のため濟州島に漂着して14年後に歸港した.そして「ハメルの報告書」により,未知の國であった朝鮮をヨ−ロッパ諸國に えた.

ハメルトレ−ルとは,17世紀にハメル一行が濟州島に漂着してから歸港するまでの航路を言う.


TEXEL - バタビア - 台  - 濟州島....麗水 - 長崎 - バタビアに歸港 - オランダに歸國



 1650年11月にオランダを發ち商船に乘って航海を始めたハメルは,

1651年7月4日にVogel Struijs に乘ってジャバ島のバタビアに到着した.
バタビアに到着したハメル一行は,

1653年6月18日にSperwer に乘って出航するまでは,東アジアの全域を巡回して貿易活動を繰り廣げた.

 1653年6月18日に,ハメル一行はSperwer に乘り換えて,フォルモサ(今の台 )に向かってバタビアを出發した.この時,ハメルは書記に昇格し,船長は エフバ−ズであり,總64名の人員が乘船していた.


 1653年7月16日に台 に到着して,新任總督のコネリス ゲジャルを下船させて,1653年7月30日に日本に向かい出發した.
危險な海の上で?い風と高い波に襲われ,ハメル一行は1653年8月16日に濟州島の大也水のほとりに漂着した.
 漂着後,13年と28日間を朝鮮で生活し,1666年9月にハメル一行の中の8名が麗水からの?出に成功して長崎に到着した.

 朝鮮漂着と抑留についての調査と,?出できずに朝鮮に殘っている一行の處理問題などの日本と朝鮮の交?のために,ハメル一行は長崎の出島で更に1年以上滯在した.

 1667年10月22日についに出航許可が下され,ハメル一行はスプリウプ に乘り長崎を發ち,1667年11月28日にバタビアに歸國した.
バタビアに到着した一行は,1ヶ月後の12月23日にプリヘイト に乘り故國に向かい,1668年7月20日にオランダ本島に到着した.

 1人でバタビアに殘っていたハメルは,朝鮮に殘留してた殘りの船員たちと共に1670年に20年ぶりに歸クした.







Untitled Document
Untitled Document